sp

frmtop

国家試験情報
 

先輩からのアドバイス 2014

記事更新日:2015-02-07 / 初回登録:2015-02-07

苦手分野を作らない勉強を

つばさ薬局1年目(99回国家試験受験)

 

 国試の勉強を本格的に始めたのは卒論が終わってからでした。まず、一通り浅く勉強し、それから苦手分野に時間を割きました。

勉強方法としては、問題を解いて解説を理解し、その周辺の知識も押さえていくことを繰り返しました。試験でよくねらわれる範囲はだいたい身に付けられると思います。

国試では足切りがあり、広く勉強しないといけません。一人で勉強していると知識が偏るここともあるので、だれかと一緒に勉強するのもいいと思います。焦らず自分のペースで頑張って下さい。

 


考えても分からないときは聞く!

虹の薬局1年目(99回国家試験受験)


国家試験の勉強を始めたのは卒論が終わった6年の9月からでした。

私の勉強方法は、毎日の国家試験対策の授業に集中して取り組み、なるべく授業中に要点や流れは覚えてしまい、自習の時は問題を解くというやり方でした。

問題を解いていると、解説を読んでも分からない問題が出てくると思います。

そういう時は考える時間を20分と決めて20分考えても分からない問題は分かる人に教えてもらいました。限られた時間のなかで効率よく勉強するには、得意な人に教えてもらうのが一番! だから各授業の先生や友達によく教えてもらいました。人から聞くと頭に残りますし、無理して自分だけで勉強するのはお勧めしません。

また、長くて苦しい受験勉強では友達の存在も大きいと思います。お互いに苦手分野は教えあったり、辛い時は励まし合って協力しながら頑張って下さい。

 

一つ前の記事を読む   一つ後の記事を読む

frmtop

ページ先頭へ戻る

 
〒700-0054 岡山県岡山市北区下伊福西町1-53 岡山県民主会館3階
TEL(086)214-3833 FAX(086)214-3822
e-メディカル